その他 アオリイカ

【本命級】エギングで釣れる外道7種【イカ/タコ/ハタ類は定番!】

更新日:

エギングをやっていると、アオリイカ以外の魚が釣れる事がよくあります。

はじめて釣りをやられる方は驚かれますが、エギングでは結構たくさんの種類が外道として釣れるんです。

そして、それぞれの魚を専門的に狙うことも可能です!これに関しては、後ほど解説します。

まずは、エギングで釣れる外道の魚について見ていきましょう。

スポンサーリンク

エギングは外道が豊富!アオリイカ以外も釣れます。

外道とは、釣りをしていて本命の魚ではない魚種のことを言います。

エギングでは、日本古来の『エギ』と言うルアーを使って釣りをしますが、釣れる外道の種類が多いことでも有名なんです。

その理由は、水中で跳ねるエギ特有の動きが、メインターゲット(本命)であるアオリイカ以外も刺激するからでしょう。

それでは、早速エギングで釣れる外道の魚を見ていきましょう。

エギングで釣れる外道の魚たち7種類

今回は、外道の中でも『エギングでよく釣れる7種』をご紹介します。

【コウイカ】

春にエギングをしていて最もよく釣れる外道と言っても過言ではないのが、コウイカです。

アオリイカと同じイカ類で、砂地の海底付近にいることが多い種類です。スミを大量に持っていることからスミイカとも呼ばれ、釣れた時にはスミをかけられないように注意しましょう!

味はとても美味しく、アオリイカよりもっちりとしていて、甘みがあるのが特徴です。

【ケンサキイカ】

続いて、秋のエギングでよく釣れるのが、ケンサキイカです。

ケンサキイカもアオリイカと同じイカ類ですが、陸っぱりから釣れるものはサイズが小さいものが多いです。そのため、2.0号2.5号小さいエギを使ってエギングをしている時によく釣れます。

天ぷらや沖漬けにして食べるととても美味しいので、ぜひ試してみてください!

【ハタ類】

ハタ類もエギング外道の定番です。

ハタ類がよく釣れる理由は、エギングでは海藻エリアやシモリのあるポイントを狙うからでしょう。アカハタオオモンハタなどの魚は海底付近にいることが多く、アオリイカと同じようなエリアに居ついていることがよくあります。

高級魚としても有名なハタ類は、刺身や味噌汁にすると絶品です!

【タコ】

続いて、岩場やテトラ周辺の釣りでよくかかるのが、タコです。

タコを専門的に狙うときも、エギに似た仕掛けを使うので、アオリイカ狙いのエギにも高頻度で反応してきます。

タコが釣れた時の感触は、ヌルッとしたアタリです。あまり引かないため、石を釣ったような感覚になります。

タコも非常に美味しく、刺身や唐揚げにして食べると最高です!

【青物(ブリ・カンパチ・サワラ)】

次にご紹介するのが、ブリカンパチサワラなどの青物です。

これらの魚が釣れる頻度はあまり多くはないですが、たまに釣れる魚たちで、ジギングのメインターゲットとなる魚です。

エギに直接食ってくることはほとんどなく、エギを抱いたアオリイカを食ってくることが圧倒的に多いです。

エギングで使用するラインは非常に細く切れやすいので、青物がかかった際はドラグ調節をするなど慎重にやり取りするといいでしょう。スリル満点のやり取りが楽しめます!

【ヒラメ・マゴチ】

ヒラメマゴチも頻度は稀ですが、エギにかかってきます。

底物の魚を専門的に狙うときは、ジグヘッドリグ等を使ってリフト&フォールのアクションをすることがあります。エギングでもしゃくりあげてフォールさせるので、この動きがヒラメやマゴチを刺激して食ってくると思われます。

エギのハリ(カンナ)には返しがついていないので、掛かってもバレることが多いです。しかし、もしヒットした場合はラインテンションを緩めず、ピンと貼ったままやり取りするといいでしょう。

【エソ】

最後にご紹介するが、ジギング外道の定番、エソです。

ショアやオフショアでジギングをしている時によくかかる魚です。味は比較的美味しいのですが、小骨が多いために多くのアングラーから嫌われています。

普段は海底付近に生息しており、エギングをしている時にも、たまに掛かることがあります。小骨ごとすり身にして、つみれ等にすると美味しくいただけます。ぜひ試してみてください!

スポンサーリンク

エギングで外道が釣れた時は、ルアーの用意を!

ここまでご紹介してきたように、アオリイカ以外にもたくさんの美味しい魚が釣れるのがエギングです。

本来はアオリイカを狙っているのですが、いざアオリイカ以外の魚が掛かった時の釣り人の心境としては、
「他の魚もいるじゃん。ルアーがあれば釣れるかも?」
となりますよね?

コウイカやタコであれば、そのままのエギで釣れるかもしれませんが、青物などの魚ではすぐにバラしてしまいます。

そんな時のために、ルアーも2〜3個バッグに入れておくのがオススメです!

中でもオススメなのが『メタルジグ』です。幅広いターゲットの魚に使えますし、飛距離も出せるので広範囲を探れます。エギングで「アオリイカ以外も釣りたい!」という方は、20g〜40gメタルジグをバッグに入れておきましょう。

【いざという時に便利!】おすすめの『メタルジグ』

本格的にショアジギングをしたい方は、コチラ!

アオリイカ以外の外道も美味い『エギング』

いかがだったでしょうか?

今回は、アオリイカエギングで釣れる外道7種をご紹介しました。

どの魚も、イカやタコも美味しいものばかりです。もし、エギングをしていてエギに食ってきたら、迷わずメタルジグをキャストしてみましょう。もしかすると、豪華なお土産をゲットできるかもしれませんよ!

それでは、快適なエギングライフを!

スポンサーリンク

おすすめ人気記事

1

こんにちは、シュンです。 エギングというと簡単なイメージも強いですが、意外とあんまり釣れていない人も多かったりします。 15年前の僕も、エギングを始めたばかりでなかなかアオリイカが釣れなくて悩んでいま ...

2

『釣りビジョンVOD 無料お試し』 気になっているけど、観たことない。って人も多いんじゃないでしょうか? 「登録方法ってどうやるの…?」「めんどくさいのかなぁ」 とか、いろいろ分からないことも多いです ...

3

こんにちは、シュンです。 誰でも気軽に始められるエギング。 しかし、遠くまでエギをキャストできなくて困っている人も多いんじゃないでしょうか? 「遠くまで飛ばしたいけど、どうやったらいいかわからない。」 ...

-その他, アオリイカ
-, , , ,

Copyright© シュンの釣りDAYS , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.