アオリイカ

【2021年】春イカにおすすめのエギングロッド15選|メーカー別に紹介します!

投稿日:

2kg以上のアオリイカが釣れる事もある春イカエギング。

しかし、こんな疑問を持っているエギンガーも多いはず。

「春エギングってどんなロッドを使ったらいいの?」

そんな方のために、春イカに最適なエギングロッドをリサーチしました。

今回は、その中でもおすすめのロッドを15本メーカー別にご紹介します!</strong >

スポンサーリンク

春イカ用のエギングロッドを選ぶ基準

まずは、春イカ用のエギングロッドを選ぶ基準について解説します。

主な基準は3つです。

《春イカ用のエギングロッドを選ぶ基準》

  1. 長さ
  2. 硬さ
  3. ルアー荷重

『長さ』で選ぶ

春イカを釣るためには、9ft.前後のものを選ぶようにしましょう。

ロングレングスのものを使うことで、遠くのポイントにもしっかりとキャストすることができますし、大型のイカがヒットした時も安定したファイトが可能になります。

『硬さ』で選ぶ

硬さに関しては、M〜MHくらいのものが最適です。

エギをシャクっても自然なアクションを作ることができますし、イカがかかってもロッドの反発性を使ってイカを浮かせてくることができます。

逆にLくらいの柔らかいものだと、イカがかかった時にしっかりとフッキングできないなどの不具合も出てくることがあります。

ヒットしたイカを確実にゲットするためにも、春イカエギングではM〜MHのツアのを使いましょう。

『ルアー荷重』で選ぶ

最後にルアー荷重ですが、3.5号〜4.0号のエギが扱えるくらいのロッドを選ぶといいでしょう。

春イカエギングで使用するエギは、基本的に3.5号か4.0号になります。

これらのエギが扱えるようでしたら、春イカエギングではOKです。

メーカー別に紹介『最適の1本』が見つかる!

エギングロッドの選び方がわかったところで、実際にどういったエギングロッドが良いのか気になりますよね。

そこで次の章では、メーカー別で春イカにおすすめのエギングロッドをご紹介していきます。

今回ご紹介するメーカーは5つです。

おすすめのメーカー
  • スラッシュ
  • テイルウォーク
  • エバーグリーン
  • ダイワ
  • シマノ

「春エギングにどんなロッドを使えば良いか使えばいいか分からない」という人も、ピッタリのものがきっと見つかるはずです。

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

【スラッシュ/SLASH】春イカエギングにオススメのロッド

まずは、スラッシュのエギングロッドを3本ご紹介します。

スラッシュは、エギングやシーバス、鯛ラバタックルで非常に評判で、近年ますます人気が高まっているブランドです。

ティップランやイカメタルでも感度の良いロッドを生み出しており、ショアエギングではGTR(グランドティップラン)に力を入れている様子。

ここでは、そんなスラッシュのエギングロッドをご紹介します。

アーカードリアルエックス ARX-802GTR 

まずご紹介するのが、アーカードリアルエックス ARX-802GTRです。

このロッドの特徴は、グランドティップラン専用ならではのティップの感度の良さ。

いままで取ることができなかった親イカのわずかなアタリも、リーリングとロッドのさびきで確実に捉えることができます。

それでいながら、シャープにシャクれるしっかりとした作りも人気の理由の一つです。

まさに、陸っぱりティップランにおける王者と言っても過言ではないロッドですね。

アーカード デルタ ARD-862M

続いてご紹介するのが、アーカード デルタ ARD-862M。

ノーマルエギングタイプのロッドで、状況を選ばずオールマイティーに使えるのが魅力です。

ブランクには「ヘリカルXカーボン」を採用しており、軽量ながらも高いキャスト性能を実現。

シャクったときにもロッドがブレにくいので、安定したアクションを作ることができ、産卵期で緊張ぎみのアオリイカでも警戒させずにエギを抱かせることができます。

価格も1万円代と非常にリーズナブル。

安定した使い心地とお買い得な価格設定は、エギング初心者で春イカを狙ってみたいという人にもってこいです!

アーカード クロスグリッド 802L

春エギングにおすすめのスラッシュのロッド3本目は、アーカード クロスグリッド 802Lです。

その名の通り、クロスグリッド製法を採用しており、軽量ブランクでありながらパワフルなのが特徴

キロアップのイカ出会っても余裕のファイトが可能です。

また、グリップ部分にも富士工業のVSSシートを使っており、シャクっている時も滑りにくい設計になっています。

そのため、一日中しゃくり続けても疲れません。

8ft.と少し短めのロッドなので、春エギングでもランガンしたい方や、漁港内の障害物をかわしながらエギングをしたい人に時におすすめのロッドです。

スポンサーリンク

【テイルウォーク/tailwalk】春イカエギングにオススメのロッド

つづいて、テイルウォークのエギングロッドをご紹介します。

テイルウォークは、エギングをはじめとするソルトルアーからバスフィッシングなどのフレッシュウォーターまで、幅広いタックルを扱っている釣り具メーカーです。

スタイリッシュなデザインが人気で、近年話題を集めています。

ここでは、そんなテイルウォークの注目エギングロッドを3本ご紹介します。

 

エギスト TZ 83M

まずは、エギスト TZ 83M。

エギスト TZシリーズは、軽量チタンフレームとトルザイトリングを搭載した、テイルウォーク最上級のエギングロッドシリーズです。

中でもこのロッドは、非常にバランスが良く、オールラウンドに使えるのが魅力のモデルになっています。

エギは4号まで扱えてブランクスにもパワーがあるので、春のエギングにはもってこいです。

パワーがあるブランクスですが、他メーカーのエギングロッドと比べて細いのが特徴で、風の影響を受けにくくなっています。

強風の中でも繊細なアタリが取れるのは、エギンガーにっとって大きな強み。

春のオールラウンドロッドを探しているなら、エギスト TZ 83Mは必ずチェックしておきましょう。

エギスト TZ 86M

つづいて、エギスト TZ 86Mです。

こちらのロッドは、エギスト TZ 83Mよりも3インチ長いロッドです。

大きなシャクリや磯など低い足場からの釣りにとても便利です。

ロングレングスを活かして、足元のテトラやシモリをかわしつつファイトができるので、2kg以上のアオリイカがかかっても根ズレでラインブレイクしにくでしょう。

オールラウンドに使えて、ある程度の長さも欲しいという方には最適のエギングロッドです。

エギスト SSD 86M

3本目は、エギスト SSD 86M。

リーズナブルさを重視したい人におすすめなのが、「エギスト SSD」シリーズです。

1万円台とエギングロッドの中でも比較的リーズナブルで、初心者でも手を出しやすいのが特徴。

それでいながらスペックは申し分なく、強度をしなやかさを併せ持ったハイスタンダードロッドになっています。

実際に私も使ってみましたが、4.5号のエギを扱っても一切不安のない使用感。

自重が115gとすこし重いのは気になりますが、低価格でこのスペックはとても魅力的です。

キロアップは余裕で浮き上がらせれそうなパワーでした。

初心者で春イカ専用ロッドを探している人は、ぜひ検討してもらいたいロッドです。

【エバーグリーン/EverGreen】春イカエギングにオススメのロッド

つぎに、エバーグリーンのエギングロッドを3本ご紹介します。

エバーグリーンは、エギングやシーバスなどのソルトルアーを中心とした釣り具メーカーで、バスフィッシング用品も扱っています。

ロッドはすべて日本製で、品質へのこだわりを感じますよね。

さっそく、そんなエバーグリーンのエギングロッドをみていきましょう。

インペリアル レーザーキング NIMS-86M

まずは、レーザーキング NIMS-86M。

パワージャークを得意とするこちらのロッドは、春エギングでもビシバシと切れ味のあるアクションを好むエギンガーにおすすめ。

ディープエリアにあるエギも、力のあるブランクで一気に跳ね上げさせることができる優れものです。

ショートジャークやロングジャークなど速いテンポの釣りで活躍すること間違いなしでしょう。

ヤル気のあるイカを狙う回遊待ちのエギングなんかにも最適ですね!

セカンドステージ スラックジャーク SSSS-92L

つづいて、ご紹介するのはセカンドステージ スラックジャーク SSSS-92Lです。

人気の初代スキッドロウをフルモデルチェンジして生まれた、セカンドステージシリーズ。

高い操作性はそのままに、より軽量で強いロッドになっています。

中でも、スラックジャーク SSSS-92Lはスラックジャークに特化したモデルで、潮流が早いポイントで使いたい1本です。

全長が9.2フィートと長めなので、ラインスラックを大きくとっても絡みにくいところも良いですね!

ただ長いロッドに慣れていない人は、このロングレングスを扱うのにすこし慣れが必要かも。

でも、練習しておけば大丈夫なので安心を!
*自重114gなので、それほど重くないです。

セカンドステージ レーザージャーク NIMS-86M

最後は、セカンドステージ レーザージャークSSSS-86M。

おなじく、セカンドステージシリーズで8.6フィートとバランスのとれたモデルです。

漁港から磯、沖堤防などさまざまなポイントを攻められる一本ですね。

「とりあえず、春でオールマイティーに使えるロッドが欲しい!」
という人には、ベストなエギングロッドと言えるでしょう。

初心者や中級者で、ハイクラスエギングロッドを使ってみたいなら、まずはこのレーザージャークSSSS-86Mを試してみるのがおすすめです。

【ダイワ/DAIWA】春イカエギングにオススメのロッド

つぎにご紹介するのが、大手釣り具メーカーダイワのエギングロッドです。

エメラルダスシリーズがとても好評で、釣り場に1人は持っていると言っても過言ではない人気のブランドです。

大手だけにたくさんのエギングロッドがありますが、今回は3本を厳選してご紹介します。

エメラルダス STOIST AGS 89M 

1本目は、エメラルダスSTOIST AGS 89Mです。

エメラルダスの中でも、ベテランエギンガーに定評があるのがSTOISTシリーズです。

価格は6万円前後と高価格ですが、そのクオリティーは期待を裏切りません。

ロッドの軽さや操作性はもちろん、ダイワ独自のSMT(スーパーメタルトップ)を採用しているので、ティップの感度も抜群!

正直、このロッドに0.4号のPEでエギングをしたら、どんなアタリでもとれちゃいそうなくらいです。

気になる人はぜひチェックしてみてくださいね!

エメラルダス MX・86MH・E

2本目は、エメラルダス MX・86MH・Eです。

4.5号までのエギをキャストすることができ、遠くのポイントも射程範囲に入れることができるのが魅力です。

深場に潜んでいるキロアップアオリイカに効率的にアピールできます。

ロッドの強さを活かしたキレのあるジャークもおすすめポイントの一つです。

ロッド自体が硬いので秋エギングには向きませんが、冬〜春にかけて大型アオリイカ狙いにはベスト!

パワーファイトを求めるのであれば、このロッドは使ってみても良いでしょう。

きっと答えを出してくれるはずです。

エメラルダス 86MH 

3本目は、エメラルダス 86MH。

エメラルダスシリーズの中でも比較的リーズナブルなモデルで、初心者エギンガーでも手に取りやすいエギングロッドです。

上位機種と比べるとスペック的には劣りますが、ベーシックなエギングを楽しむなら十分すぎるほどの機能性があります。

入門からステップアップしたい人には、ぜひ使ってみて欲しいロッドです。

高い操作性と感度に驚かされますよ!

 

 

【シマノ/SHIMANO】春イカエギングにオススメのロッド

最後に、シマノのエギングロッドをご紹介します。

ダイワと並ぶ釣具買いの大手メーカーであるシマノですが、エギングに関しては人一倍力を入れています。

中でも人気ブランドのセフィアは、ビギナーからベテランまで使いやすく、幅広い層から支持を得ています。

今回はそんなシマノのセフィアシリーズから、春イカエギングにおすすめの3本をご紹介します。

セフィア リミテッド S86M

シマノ最初の1本は、セフィアリミテッドS86M。

なんといってもパワー系構造なのがこのロッドの特徴で、潮流の早い場所や水深の深い場所でもパワーゲームに重宝するロッドです。

キロアップはもちろん、2kg以上のアオリイカもストレスなく釣り上げられます。

さらに注目して欲しいのが、リアグリップ部分からエンドにかけての構造。

超高感度のカーボン素材が中空構造にしてあるので、ごくわずかなアタリも逃さずに捉えることができます。

エギも2.0号〜4.0号まで使えるので春エギングはもちろん、秋イカにも使えて便利です。

春の大型イカが狙えて、オールシーズン使えるハイスペックロッドを探しているなら、このロッドはあなたのものかもしれません。

セフィア エクスチューン S90M

つづいてご紹介するのが、セフィアエクスチューンS90Mです。

こちらも深場の大物狙いをメインとしたパワー系ロッドになります。

全長が9フィートもあるので、ロングレングスを活かした遠投が可能。

さらにペンデュラムキャストで投げれば、ぶっ飛び確実です!

グリップには話題のカーボンモノコックを使用しているところも大きな魅力ですね。

数々のプロエギンガーが評価しているカーボンモノコックは、4万円を出してでも使ってみる価値があるでしょう!

セフィア BB S83M

最後にご紹介するのは、セフィアBB S83M。

セフィアシリーズの中でも比較的お得に手に入れられるクラスで、初心者〜中級者に人気のロッドです。

S83Mは、非常によくバランスが取れている上に、パワーも結構あって、ライトショアジギングでも使えるレベルの強さです。

「いろいろ欲張って釣っちゃいたい!」
という人にはこれ以上ない最適ロッドですね。

春のキロアップなんて余裕ですし、秋イカやちょっとした五目釣りなんかもできちゃいます!

それでいて自重102gという驚異の軽さ!

もう初心者エギンガーにはマストですし、ベテランエギンガーのサブロッドとしても重宝すること間違いなしでしょう。

 

春イカ用のエギングロッドは必須!【キロアップを爆釣しよう!】

いかがだったでしょうか?

この記事では、春イカにおすすめのエギングロッド15選をメーカー別に紹介しました。

春エギングでアオリイカを釣りたいなら、春イカ用のエギングロッドは必須です。

パワーのあるロッドを使うことで、重めのエギでもストレスなく扱えますし、大きなアオリイカがかかっても安心してファイトできます。

今回ピックアップしたエギングロッドはどれも、キロアップを釣り上げるのに十分なスペックを備えたもばかりです。

最後に今回ご紹介したロッドを一覧にしてみたので、ぜひあなたのお気に入りロッドを探してみてください!

\今回ご紹介した春イカにおすすめのエギングロッド/

スラッシュアーカードリアルエックス ARX-802GTR
スラッシュアーカード デルタ ARD-862M
スラッシュアーカード クロスグリッド 802L
テイルウォークエギスト TZ 83M
テイルウォークエギスト TZ 86M
テイルウォークエギスト SSD 86M
エバーグリーンインペリアル レーザーキング NIMS-86M
エバーグリーンセカンドステージ スラックジャーク SSSS-92L
エバーグリーンセカンドステージ レーザージャーク NIMS-86M
ダイワエメラルダス STOIST AGS 89M
ダイワエメラルダス MX・86MH・E
ダイワエメラルダス 86MH 
シマノセフィア リミテッド S86M
シマノセフィア エクスチューン S90M
シマノセフィア BB S83M

それでは、良いエギングライフを〜!

《こちらの記事も人気!》

スポンサーリンク

おすすめ人気記事

1

こんにちは、シュンです。 エギングというと簡単なイメージも強いですが、意外とあんまり釣れていない人も多かったりします。 15年前の僕も、エギングを始めたばかりでなかなかアオリイカが釣れなくて悩んでいま ...

2

『釣りビジョンVOD 無料お試し』 気になっているけど、観たことない。って人も多いんじゃないでしょうか? 「登録方法ってどうやるの…?」「めんどくさいのかなぁ」 とか、いろいろ分からないことも多いです ...

3

こんにちは、シュンです。 誰でも気軽に始められるエギング。 しかし、遠くまでエギをキャストできなくて困っている人も多いんじゃないでしょうか? 「遠くまで飛ばしたいけど、どうやったらいいかわからない。」 ...

-アオリイカ
-, , , ,

Copyright© シュンの釣りDAYS , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.