https://www.photo-ac.com/main/detail/2414599?title=エギ

アオリイカ ルアー釣り 初心者

【エギング】カラーセレクトは『3つの条件』で決定!エギの使い分けを解説!

更新日:

春・秋通して大人気のエギング。皆さんはエギのカラーセレクトに迷ったことはないですか?エギングは初心者からベテランまで楽しめる釣りですが、意外とカラーセレクトが難しかったりします。そこで今回は、エギングで使える「条件別エギのカラーセレクト」について徹底解説します!

スポンサーリンク

エギのカラー構造は布×下地テープが基本!

参照:Photo-ac

まずは、エギのカラー構造についてご説明します。エギのカラーは大きく分けて2つのものから構成されています。一つ目は、エギの外側に貼ってあるです。そして二つ目が、布の下に貼ってある下地テープです。これらのものが組み合わさって、エギボディーのカラーが作られています。

それぞれについて詳しくみていきましょう。

布はエギの基本となるカラーです。布自体に色が付いているものもあれば、スプレー等で吹きかけているものもあります。また、稀に布が付いていないタイプのエギもあります。

下地テープ

下地テープはエギのシルエットを決める上で重要なものになります。これによってエギのシルエットをハッキリさせたり、ぼかしたりすることができます。また、下地テープのフラッシングの有無も、カラーセレクトにおいて一つの判断基準になります。

エギのカラーセレクトは3つの条件で決めろ!

参照:Photo-ac

次にエギのカラーセレクトについて解説します。たくさんの人が迷ってしまうカラーセレクトですが、今から解説する条件を踏まえれば、実は誰でも簡単に判断することができます。

通常エギのカラーセレクトは、主に以下の3つの条件で判断しましょう。

  1. 時間帯
  2. 潮の澄み具合
  3. 光量

これらの条件を組み合わせることで、その時に最適のエギを決めることができます。それでは各条件について詳しく解説していきます。

【条件1】時間帯

まずポイントとなる条件は、時間帯です。いつ釣りをするかによって、エギのカラーセレクトは異なります。エギのカラーの中でも、特に時間帯に主に関係してくるのは下地テープの色です。

デイゲームの多い秋エギングなら、日中に有効的なカラーを知っておく必要があります。そして大型狙いのナイトゲームが多い春エギングなら、夜のパターンも把握しておきましょう。

POINT

時間帯によって下地テープを使い分ける!

日中

日中は夜に比べ日光が多いので、エギのシルエットはハッキリとしています。そのため、シルバーテープテープ無しでも問題なく且つナチュラルにエギの存在感をアピールできます。逆に、晴天時の日中に赤テープなどシルエット重視のエギを使うと過剰アピールになる場合があるので注意が必要です。

夜は日光がないのでシルエットがハッキリするものが必要です。赤テープ系パープルテープ系であれば、ナイトゲームでもシルエットをハッキリとさせることができます。このように色の濃いテープの方が、夜でもエギの存在感をアピールできるのでおすすめです。

朝・夕マヅメ

太陽光がオレンジ色になる朝・夕マヅメ時は間違いなく金テープです!実績が非常に高く、朝・夕焼けの色とマッチしてヒット率も格段に上がります。金テープが巻かれたエギはたくさんあるので、布カラーとの組み合わせでできるだけ多くの種類を持っておきましょう。

POINT

もし下地テープ選びに迷ったら...

オールマイティーに使えるマーブルテープがおすすめです。その名の通りいろいろなカラーが混ざっているので、どんな状況でも使えます。初心者のエギングや、パイロットルアーにも便利です!

【条件2】潮の澄み具合

続いて、潮の澄み具合によるカラーセレクト術です。海の水は澄んでいたり、濁っていたりします。そんな条件によっても、最適なエギのカラーは変わることがあります。ここでは澄み潮・濁り潮の時のおすすめカラーを解説します。

澄み潮

澄み潮の時に使用するエギカラーは、時間帯によって変えます。日中であればナチュラルにアピールできるシルバー系ブルー系の布を使ったエギ。ナイトゲームであれば、暗くてもアピール力があるピンク系がおすすめです。

濁り潮

濁り潮の時は、基本的にハイアピールのものを選びましょう。水が濁っていると視界が悪くなるため、アピール力を高めてイカにエギを見つけてもらう必要があります。例えば、日中はアピール度の高いオレンジ・ゴールド系、ナイトゲームであれば夜光系のカラーがおすすめです。

【条件3】光量

最後に光量によるエギのカラーセレクトについて解説します。ここで言う光とは、太陽光や月・常夜灯の光のことを指します。潮の濁り具合と同様に、光の量によっても視界やイカの活性は変化するので、その日の光量も考えて釣りをしましょう。

光あり(晴天時)

光がある晴天時は、過度なアピールを抑えるために赤テープシルバーテープを選ぶのがベターです。特に日中晴天時は光の量が多いので、あまりアピールしなくてもイカからはしっかりとエギが認識できています。晴天時はナチュラルアピールのものから始めて、反応がなければ徐々にアピール度の高いオレンジやピンク系に変えていきましょう。

曇天時

曇天時はケイムラ系や夜光(グロー)系のカラーがおすすめです。曇天時に最優先に考えるべきことは「エギの存在をイカに認識させること」です。そのため、日中は紫外線発光するケイムラ系が大きな効果を発揮します。また、ナイトゲームでは、ヘッドライトなどで蓄光できる夜光タイプのエギが有効的です。

POINT

最適なエギは、

「時間帯×潮の澄み具合×光量」で判断すべし!

スポンサーリンク

これでエギのカラーセレクトは完璧!

参照:Photo-ac

いかがだったでしょうか?今回は、エギのカラーセレクトについてご紹介しました。解説した3つの条件を基本にカラーセレクトしていけば、エギのカラー選びに迷うこともありません!

あとは、いろいろなパターンを試してみて、ご自身でその日のあたりカラーを探してみてください!そうすれば、待望のアオリイカに会えること間違いなしです。

その他エギングに関しては、こちらの記事もチェック!

スポンサーリンク

おすすめ人気記事

1

こんにちは、シュンです。 エギングというと簡単なイメージも強いですが、意外とあんまり釣れていない人も多かったりします。 15年前の僕も、エギングを始めたばかりでなかなかアオリイカが釣れなくて悩んでいま ...

2

『釣りビジョンVOD 無料お試し』 気になっているけど、観たことない。って人も多いんじゃないでしょうか? 「登録方法ってどうやるの…?」「めんどくさいのかなぁ」 とか、いろいろ分からないことも多いです ...

3

こんにちは、シュンです。 誰でも気軽に始められるエギング。 しかし、遠くまでエギをキャストできなくて困っている人も多いんじゃないでしょうか? 「遠くまで飛ばしたいけど、どうやったらいいかわからない。」 ...

-アオリイカ, ルアー釣り, 初心者
-, , , ,

Copyright© シュンの釣りDAYS , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.