https://www.photo-ac.com/main/detail/3189888?title=スピニングリールを取り付けたロッド

長さ別おすすめシーバスロッド解説!汎用例も紹介!

シーバス釣りは初心者からベテランまで大人気の釣りです。初心者で初めてみたいと言う人も多いのでしょう。各メーカーから様々な長さのシーバスロッドが販売されており、どれを使えば良いかわからないと言う人も置いでしょう。そんな方は、この記事を読めば、長さ別の使用シチュエーションとおすすめのロッドが分かります!

シーバスロッドは6ft〜9ftが基本!

シーバスロッドの長さの基本は6ft〜9ftです。シーバス釣りにおいて、どんな長さのロッドを使うかは非常に重要になってきます。なぜなら、ロッドの長さは、使用するルアーの操作性や魚とのファイトの優劣を左右するからです。たくさんあるロッドの長さもそれぞれにメリット・デメリットがあります。状況に合わせて使い分けると良いでしょう。

それでは、長さ別にシーバスロッドを見ていきましょう。

6ft台のシーバスロッドはボートフィッシングに最適

シーバスロッドの中でも最も短い6ft台のロッド。短いながらも各メーカーからいくつかの種類が販売されている長さです。ここでは6ft台シーバスロッドの使用状況を詳しく解説します。

6ft台のシーバスロッドはボートフィッシングで扱いやすい!

6ft台シーバスロッド最大の特徴が、扱いやすさです。ロッド全体が短いため、周囲に引っ掛ける事なくストレスフリーに釣りができます。そのため、ボートシーバスなどキャスティング能力は必要ないが、取り回し易さが重要視される場面で大活躍します。また、ロッドが短いと、ルアーの操作性も上がるので、細やかなアクションが可能になります。

6ft台のおすすめシーバスロッド

この長さのシーバスロッドを選ぶ時のポイントとしては、ボートフィッシングを念頭に入れておく事です。ボートではベイトリールを使用することが多いので、ベイトタックルのロッドをおすすめします。しかし初心者の方には扱いが難しいので、そう行った方はスピニングリールでも良いでしょう。

7ft台のシーバスロッドは操作性抜群!

6ftから少し長くなった7ft台のシーバスロッド。商品レパートリーも増えて、より汎用性も増してきます。ここでは7ft台のシーバスロッドの特徴をご紹介します。

7ft台はピンポイントで狙う時におすすめ!

7ft台のシーバスロッドは、短さを活かしてピンポイントのキャスティングをしたい時におすすめです。8ftよりかは短く、6ftよりかは長いため、キャスティング能力は保ちつつ操作性の高いパフォーマンスが可能です。そのため、ボートフィッシングはもちろん、小さな河川でのゲームでも使える長さです。ウィード周りをピンポイントで狙う時など、6ft台のロッドに比べてさらに汎用性は広がります。

7ft台のおすすめシーバスロッド

7ft台のシーバスロッドを選ぶ時のポイントとしては、いかに多くのシチュエーションで使えるかでしょう。ロッド自体の性能を重視するのはもちろんのこと、細かいアタリが取れるか、大型のシーバスにも耐えられるバットパワーはあるか、などを検討する必要があります。7ft台のロッドは使う場面が多いので、1本は持っておきたいところです。

8ft台のシーバスロッドは堤防や大型河川!

続いて、8ft台のロッドの解説をします。7ft台と同様に商品バリエーションが多く、シーバスロッドの中でも中核となる長さです。それでは、8ft台シーバスロッドの特徴を見ていきましょう。

8ft台シーバスロッドは万能に使える長さ!

8ft台のシーバスロッドは、オールマイティーに使えるのが特徴です。中でも堤防や漁港、大きな河川などで使う場合が多い長さです。6ftなど短いロッドに比べると操作性やボートでの取り回しの良さは劣りますが、その分キャスティング能力が高くなり、ショアからのシーバス釣りに最適です。

8ft台のおすすめシーバスロッド

8ft台のシーバスロッドを選ぶ時のポイントとしては、大型魚を釣った時のパワーです。パワーのあるロッドを選ぶことで、大型魚をかけた時のやり取りを楽にすることができます。また、遠くにキャスティングする場面が増えるので、15g前後のルアーをキャスティングできるルアーウェイトがあることも重要なポイントです。

9〜10ft台のシーバスロッドはサーフ、磯のキャスティングゲーム!

ここからは、9〜10ft台のシーバスロッドについて解説します。9ft台は、8ft台のロッドと並んで、シーバスロッドの中でも非常にポピュラーな長さです。10ft台のロッドは、シーバスロッドの中でも比較的長めのロッドになります。そんな9〜10ft台ロッドですが、特に大活躍するシチュエーションがあります。それでは一緒に見ていきましょう。

9〜10ft台のシーバスロッドはサーフ、磯が得意!

9〜10ft台のシーバスロッドは、その長さを活かしたキャスティングゲームが得意な長さです。堤防はもちろん、サーフや磯などで力を発揮します。磯では根ズレなどがあるため、比較的長いロッドを使うことが要求されます。また、このくらいの長さのロッドになると、使用できるルアーの重さも上がります。30g〜40gのメタルジグなんかを使いたい時なんかにもおすすめです!

9〜10ft台おすすめのシーバスロッド

9〜10ft台のロッドを選ぶ時のポイントとしては、キャスティング性能です。ショアからの釣りとなる9〜10ft台ロッドを使ったシーバス釣りでは、キャスティングをする必要があります。そのため、どれくらいのルアーウェイトをどのくらいの精度でキャスティングできるのかを重視して選ぶと良いでしょう。また、大型魚がかかることも想定して、バットパワーがあるものを選ぶようにしましょう。

【便利】シーバス釣りに汎用性のあるロッド紹介

ここからは、シーバス釣りに汎用性のあるロッドをご紹介します。シーバス釣りを始めたいけど、最初から専用ロッドを購入することに抵抗のある人も多いでしょう。そんな方は次のロッドを使ってみると良いでしょう。シーバス釣りだけでなく、他の釣りも楽しめるのでおすすめです。

エギングロッド

ソルトルアーの定番エギングで使うロッドです。エギングロッドには8ft〜9ftのものが多く、シーバス釣りにぴったりです。また、エギングロッドはキャスティング性能が高いのも特徴です。長めのロッドを使ったキャスティングゲームにも良いでしょう。

バスロッド

スポーツフィッシングとして根強い人気があるバス釣り。こちらもシーバスロッドとして汎用性があります。釣り方としては非常によく似ているので、ボートなんかに乗って、バスロッドを使った湾内シーバスゲームというのも楽しいでしょう。バスロッドには淡水専用と海水併用のものがありますので、シーバス釣りに使用する場合は、海水併用のものを使用するようにしましょう。

おすすめロッドでシーバス釣りを楽しもう!

いかがだったでしょうか?今回はシーバス釣りにおすすめの長さ別ロッドとシーバス釣りに汎用性のあるロッドをご紹介しました。それぞれの長さによってメリットや最適な使用シチュエーションは異なります。各長さのシーバスロッドの特徴を理解して、使い分けることが必要です。是非みなさんも今回の記事を参考に、シーバス釣りを楽しんでください!

スポンサーリンク

おすすめ人気記事

1

こんにちは、シュンです。 エギングというと簡単なイメージも強いですが、意外とあんまり釣れていない人も多かったりします。 15年前の僕も、エギングを始めたばかりでなかなかアオリイカが釣れなくて悩んでいま ...

2

『釣りビジョンVOD 無料お試し』 気になっているけど、観たことない。って人も多いんじゃないでしょうか? 「登録方法ってどうやるの…?」「めんどくさいのかなぁ」 とか、いろいろ分からないことも多いです ...

3

こんにちは、シュンです。 誰でも気軽に始められるエギング。 しかし、遠くまでエギをキャストできなくて困っている人も多いんじゃないでしょうか? 「遠くまで飛ばしたいけど、どうやったらいいかわからない。」 ...

更新日:

Copyright© シュンの釣りDAYS , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.