その他 アオリイカ

【アオリイカと水温の関係】15℃以下でも『釣れる』エギング術を紹介します!

更新日:

ソルトゲームの人気ターゲット『アオリイカ』。エギングで狙うアングラーもたくさんいます。しかし、水温が下がってくると「釣れない…」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?実際、アオリイカは水温が下がると活性が下がります。

今回はそんなアオリイカと水温の関係について詳しく解説していきます。

「何度で活性が下がるのか?」
「水温が低い時の対策はあるのか?」

こういった疑問にもお答えしていくので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

それでは本編に入りましょう。

【結論】アオリイカは水温15℃以上がベスト!

最初に結論を言うと、アオリイカは15℃以上が1番よく釣れます。アオリイカは熱帯を好む生き物で、水温が高い地域に生息します。沖縄や九州など南日本に多いですよね。他にも和歌山や三浦半島は黒潮(暖かい潮流)の影響でアオリイカが釣れやすくなっています。

20℃くらいになるとアオリイカも高活性になり、釣るのは余裕です!逆に15℃を下回ると、アオリイカの活性は下がり、エギングで釣るのは難しくなってきます。

水温15℃以下でもアオリイカは釣れる!【大丈夫】

そうはいっても、15℃を下回ると全く釣れなくなるのかと言いうと、そうではありません。15℃以下でもアオリイカは釣れます。12℃前後まではアオリイカが釣れると言われているのが一般的です。※もちろん地域によって誤差はあります。

活性は下がりますが、アオリイカも生き物なのでエサは必要ですし捕食活動もします。しかし、そんなテンション低めのアオリイカにエギを抱かせるためには、コツが必要です。

次は、低水温でもアオリイカを釣るエギング術をお伝えします。

水温15℃以下でもアオリイカを釣るエギング術

低水温でアオリイカを釣るためのコツは主に4つです。

  • 細かく探る
  • 時間帯を見極める
  • 浅瀬を狙う
  • エサの豊富なポイントを打つ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

細かく探る

まず最初は、エギを細かく通すことです。活性が下がったアオリイカは、エギを見つけても遠くまで追いかけません。人間もコタツから出たくない時ありますよね。(←YAMASHITAのタケちゃんも言ってます。)

アオリイカにエギを抱かせるためには、近くを通してあげる必要があります。いつもならザクっと数投しかしないポイントも、丁寧に扇状に探っていくようにしましょう。そうすれば、ヤル気のなかったアオリイカも確実に拾っていけます!

時間帯を見極める

水温が低くアオリイカが低活性の時は釣りやすい時間帯も限られています

晩秋〜初春のアオリイカを釣るためにはたくさんの条件を考えることが重要です。潮が良くても太陽の光が悪かったり、満潮でポイントに入れなかったり、なんてこともしばしば。

そのため、低水温時は『干満・光量・潮』などの条件がピタっと合うところを確実に狙っていきましょう。

浅瀬を狙う

低水温の時は浅瀬(シャローエリア)を狙うのも1つの方法です。シャローエリアは太陽の光のおかげで、周辺よりも温度が高くなっていることがあります。暖かい場所を求めてアオリイカが固まりやすいです。

そんな時は、積極的に浅瀬を狙ってみましょう!

POINT

シャロータイプのエギがあれば便利!

ちなみに個人的なオススメはエギ王K スーパーシャローですね。沈下速度8秒/mと超スローにフォールするので、シャローエリアでもじっくりとバイトの時間を作れます!中でもモエモエグリーンは日中かなり実績が高いカラーです。

エサの豊富なポイントを打つ

最後は、エサの豊富なポイントを狙うことです。寒くてあまり動きたくないアオリイカは、エサが簡単に手に入るストラクチャー近くにいることが多いです。漁港近くの磯や岩場、潮のぶつかるポイントなど。

これはオールシーズン意識したいことですが、低水温時は特に意識しておくといいでしょう。

【必須】水温計は持っておこう!

エギンガーで水温計を持っていない人も多いですが、確実に釣果を伸ばすためには水温計は必須です!なぜなら、ポイントを見極める大きな指標になるからです。

もし水温9℃と知らずにひたすらエギを投げ続けても、アオリイカがそのポイントにいる確率はほぼゼロに近いですよね。正直ムダです。それなら、最初に水温を図っておいて、12℃以上のポイントを探したほうが高確率で釣れます。

限られた時間の中で効率的にアオリイカに出会うためにも、水温計は必ず持っておきましょう。

【まとめ】アオリイカは水温が12℃までエギングで釣れる!

今回は、アオリイカと水温の関係について解説してきました。晩秋〜初春は水温も低く「アオリイカ釣れるのかなぁ…」と不安に思っている方も多いでしょう。しかし、アオリイカは12℃くらいまで釣れます!活性は下がりますが、今回ご紹介したポイントを押さえておけば、寒い時期でもエギングは可能です。

ぜひ寒さ対策をしてオフシーズンもエギングを楽しみましょう!

<関連記事>

スポンサーリンク

おすすめ人気記事

1

アオリイカを釣るために使うエギングロッド。エギングに使えるのはもちろんのこと、最近はシーバスゲームなど他の釣りに使うアングラーもたくさんいます。 そこで、今回は他の釣りにも使える「万能エギングロッド」 ...

2

こんにちは、シュンです。 みなさんは、エギングに行くときに忘れ物をすることありませんか? ぼく自身もこのまえジップロックを忘れてしまい大変でした、、、 そこで、同じ失敗をしないために「エギングに必要な ...

3

2kg以上のアオリイカが釣れる事もある春イカエギング。 しかし、こんな疑問を持っているエギンガーも多いはず。 「春エギングってどんなロッドを使ったらいいの?」 そんな方のために、春イカに最適なエギング ...

-その他, アオリイカ
-, ,

Copyright© シュンの釣りDAYS , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.