その他 初心者 釣り全般・本

夏に堤防釣りで釣れる魚特集【ファミリーフィッシングにも!】

更新日:

初心者の釣り入門やファミリーフィッシングに人気の堤防釣り。夏休みに「釣りに行きたい。」となっても、何が釣れるかわからないという人も多いと思います。そこで今回は、夏に堤防釣りで釣れる魚種をご紹介します。

スポンサーリンク

夏の堤防釣りは、魚たちもにぎやか!

参照:Photo-ac


夏に堤防から釣れる魚種をご紹介します。夏はレジャーフィッシングなども盛んになってくる季節です。水温も上がり魚たちの活性も上がっています。堤防釣りにはもってこいの季節です。しかし、日中は日差しが強く、魚たちは物陰に隠れていることも少なくありません。朝マズメ・夕マヅメの時間帯を有効に使って、釣果を伸ばしましょう。

夏の堤防釣り魚種:アジ

参照:Photo-ac

春にもご紹介したアジですが、夏になるとさらに釣れやすくなります。アジはもともと暖かい海の魚なので、水温の上昇とともに活性が上がる傾向にあります。初心者でも、堤防から簡単に狙える大人気のターゲットです。

アジの釣り方はサビキ釣りがおすすめ!

サビキ釣り

夏のアジを釣るなら、断然サビキ釣りがおすすめです。夏は大量にアジがいて、日中の魚の活性も上がっているので、鈎が何本もついているサビキ釣りだとたくさん釣ることが出来ます。また、ファミリーフィッシングでアジを釣る時も、サビキ釣りなら、初心者の方やお子さんでも簡単です。

アジング

アジングとは、ジグヘッドとワームを使ったルアー釣りのことです。夏でもアジングで釣れないことはないのですが、サビキ釣りに比べて少し難易度が上がる上に夏は夜の時間が短いので可能性も低くなります。どちらかといえば、夏はサビキ釣りの方が可能性は上がるでしょう。

サビキ釣りの詳しい釣り方はこちら!

スポンサーリンク

夏の堤防釣り魚種:イワシ

参照:Photo-ac

サビキ釣りのターゲットでアジと並ぶのがイワシです。イワシは群れで生活している回遊魚で、夏になると接岸してきます。群れに当たると、多いときで100匹以上も釣れることもあります。釣れたイワシはフライなどにすると美味しく食べられます。

イワシの釣り方は絶対サビキ釣り!

サビキ釣り

イワシは、アジと同じようにサビキ釣りで狙うのが一般的です。鈎が何本もついた仕掛けにエサカゴを付け、オキアミをカゴの中に入れて釣ります。一般的にサビキ釣りの鈎にはスキンと呼ばれるオキアミに似せた疑似餌やハゲ皮と呼ばれる疑似餌がついています。状況に合わせて釣果を伸ばすには、たくさんの種類のサビキ釣り仕掛けを持っているといいでしょう。

夏の堤防釣り魚種:サバ

参照:Photo-ac

サバも夏にサビキ釣りで釣ることができる定番ターゲットです。アジやイワシに比べて引きが強いのが特徴で、専門的に狙う人もいるくらいです。サバも群れを作って行動する魚なので、1匹釣れると何匹も釣れることが多いです。サバは夏が終わった後も秋まで釣れ続け、ファミリーフィッシングの大人気ターゲットです。

サバの釣り方は、サビキ釣りかマイクロジグで狙う!

サビキ釣り

イワシ、アジと同じくサビキ釣りで釣れるサバですが、よりサバがかかる確率をあげたければ、鈎のサイズを少し大きいものにするといいでしょう。そうすることで、アジやイワシがかかりにくく、少し魚体の大きいいサバがかかってくれます。また、遠投サビキを利用して少し沖の方を狙ってみるなど、色々なポイントを探ってみると、サバに出会える確率はより高くなります。

マイクロジグ

サバの釣り方でもう一つおすすめなのが、マイクロジグです。青物などを釣るメタルジグをものすごく小さくしたもので、多くの場合鉛やタングステンからできています。サバはマイクロジグへの反応も良いため、サビキ釣りで手を汚したくない方や、よりゲーム性の高い釣りを求める方にはぴったりの釣り方です。よかったら是非チャレンジしてみてください。

夏の堤防釣り魚種:マゴチ

参照:Photo-ac

夏の定番ルアーターゲットがマゴチです。砂地の堤防で釣ることが出来、引きが強いという特徴があります。普段はアジやイワシなどの小魚を捕食しています。見た目は少し怖い印象ですが、その身も非常に美味しく、釣ったら是非刺身で食べたい魚種です。

マゴチの釣り方は、泳がせ釣りかルアー!

泳がせ釣り

マゴチは小魚を食べて生活しているので、アジを使った泳がせ釣りで狙うことが出来ます。泳がせ釣りにはエレベーター式やオモリをつけずにそのまま泳がす方法など色々ありますが、マゴチはヒラメと同じく海底にいる魚なので、オモリをつけて海底付近を狙える方法がおすすめです。エレベーター式などで海底から1mくらいの遊動幅で狙うと良いでしょう。

ルアー

マゴチはルアーでも狙うことが出来ます。使用するルアーは、メタルジグやスピンテール、ソフトルアーなど沢山の種類があります。とにかく海底を重点的に狙えるタイプのルアーがおすすめで、シンキングタイプのミノーなんかも良いでしょう。

夏の堤防釣り魚種:シロギス

参照:Photo-ac

夏になると投げ釣りで是非狙ってみたいのがシロギスです。海水浴のついでなどに砂浜近くの堤防で釣りを楽しむのも良いですね。この季節のシロギスは群れでいることが多いので、数釣りが楽しめる季節です。そして、自分で釣ったシロギスの天ぷらは絶品です!

シロギスの釣り方は、投げ釣り

投げ釣り・ちょい投げ釣り

シロギスは、堤防や砂浜からの投げ釣りで狙うことが出来ます。エサはイソメやゴカイなどの虫エサ類で、人工ワームでも釣ることが出来ます。本格的な投げ釣りのタックル(道具)は重いものも多く、初心者の方にはちょい投げ仕掛けもおすすめです。比較的軽く簡単に投げることが出来ます。釣具店でちょい投げセットも売っているので、それとエサを買えばオッケーです。

夏の堤防釣り魚種:カワハギ

参照:Photo-ac

カワハギも夏に釣ることが出来ます。堤防の角や藻やロープなどのストラクチャーの近くにいることが多いです。エサはアサリや虫エサを使用します。カワハギの肝醤油で食べる刺身は一度食べたら忘れられません。

カワハギの釣り方は、専用胴突き仕掛け

専用胴突き仕掛け

カワハギはエサ取り名人とも呼ばれるくらい、エサだけを取るのがうまい魚種です。そのため、鈎の形がカワハギ用に作られた専用仕掛けを使うのがおすすめです。おちょぼ口でもしっかりとフッキング出来ます。もしエサばかり取られる様だったら、鈎の大きさを小さくしてみるのも効果的です。

夏は、仲間や家族と堤防釣りがおすすめ!

参照:Pexels

いかがだったでしょうか?今回の記事では、夏に堤防釣りで釣れる魚種をご紹介しました。夏は天気がいい日も多く、家族連れのレジャーに出かけやすい季節です。堤防釣りなら小さいお子さんがいても安全に釣りを楽しむことが出来ます。是非みなさんも、夏の堤防釣りで魚を釣ってみてくださいね!

※砂浜の近くでの釣りは、海水浴客に注意して行いましょう。

その他の季節に堤防釣りで釣れる魚を知りたい方は、こちら!

スポンサーリンク

おすすめ人気記事

1

こんにちは、シュンです。 エギングというと簡単なイメージも強いですが、意外とあんまり釣れていない人も多かったりします。 15年前の僕も、エギングを始めたばかりでなかなかアオリイカが釣れなくて悩んでいま ...

2

『釣りビジョンVOD 無料お試し』 気になっているけど、観たことない。って人も多いんじゃないでしょうか? 「登録方法ってどうやるの…?」「めんどくさいのかなぁ」 とか、いろいろ分からないことも多いです ...

3

こんにちは、シュンです。 誰でも気軽に始められるエギング。 しかし、遠くまでエギをキャストできなくて困っている人も多いんじゃないでしょうか? 「遠くまで飛ばしたいけど、どうやったらいいかわからない。」 ...

-その他, 初心者, 釣り全般・本

Copyright© シュンの釣りDAYS , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.